株式会社 good smith

住宅、アパート・マンション、店舗のデザインリフォーム・リノベーションのことならお任せください。
株式会社 good smith

対応可能エリア

■東海エリア
愛知、岐阜、三重、
静岡(一部地域除く)

■首都圏エリア
東京、神奈川、埼玉

 

HOME»  マンションリフォームのポイント

マンションリフォームのポイント

戸建て住宅のリフォームは比較的自由に行うことができますが、分譲マンションとなるとそうはいきません。これは、それぞれの所有形態の違いに起因するものであり、分譲マンションのリフォーム・リノベーションを行う際は「できること」と「できないこと」があります。マンションリフォームをお考えなら、それぞれのポイントを踏まえた上でご検討ください。

マンションリフォームでできること

マンションリフォームでできること

分譲マンションは基本的に一室のみを所有する形となるため、小規模なリフォームであれば比較的自由に行うことができます。

具体的な例としては「クロスの張替え」や「床材の変更(管理規約によっては不可)」「壁材・室内のドアの交換」など、小規模な内装リフォームが挙げられます。また、共用部分であるパイプスペースを害さない範囲であれば、浴槽やトイレ、キッチンユニットの交換なども可能です。このことから、マンションリフォームは主に「共用部分を害さない内装リフォーム」が可能といえます。

なお、ベランダのサッシや共用廊下に面するドアの外側などは、基本的に共用部分に該当するため、あらかじめご注意ください。

マンションリフォームでできないこと

前提として、マンションのリフォーム・リノベーションでは、構造上有効な壁を撤去したり、大規模な工事をしたりすることはできません。その理由は、工事により建物全体の意匠性や機能性が損なわれ、所有者全員の利益を害する恐れがあるためです。マンションリフォームは、基本的に「専有部分」のみが認められており「共用部分」に関しては認められていません。

そのため、マンションリフォームをお考えの際は、まずは専有部分と共用部分の境界を把握することから始めてみましょう。なお、この境界はマンションの管理規約によって異なるため、必ず規約を確認し、管理組合等に相談した上でリフォームの計画を立ててください。

愛知県名古屋市にある弊社では、アパート・マンション・戸建て・店舗・オフィスの内装リフォームを行っております。ハイクオリティな仕上がりをお届けするのはもちろんのこと、お引渡し後は定期訪問を通し、高い品質を保っていきたいと考えております。サービス・費用に関する疑問がある方や、見積り依頼をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。